--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.10     カテゴリ:  E-30 

   小石川後楽園の紅葉 その1

写真はクリックで拡大してご覧くださいね!

11月27日、写真仲間のDさんと一緒に東京文京区、東京ドームの
隣にある小石川後楽園に紅葉札撮影に!

徳川幕府の時代に、造られた庭園で日本各地の名所を模した
形で、いろいろは光景を見ることができます。、
ここは、京都渡月橋からの紅葉です~
まるで赤く染まった壁のようですね。
ちょらっと見えるのは、通天橋です。


日本庭園らしい~お庭の風景もちょこっとだけ。
PB279213.jpg

渡月橋から反対側を見ると、そこは中国の名所 西湖だったります。
西湖湖畔の虹色の紅葉。
PB279214.jpg

水面の落葉も美しい~
PB279224.jpg
先ほど見えた通天橋に向かう坂からの眺め!
紅葉を見下ろすように~
枝ぶりが素晴らしいですね!
PB279231.jpg

通天橋からの眺めはため息が出るほど、美しい!
PB279253.jpg

紅葉越しに見る渡月橋です。
PB279254.jpg

真っ赤な紅葉をバックに緑の星が輝くように♪
幻想的な世界です。
PB279264.jpg

園内の建物の窓への映りこみもいいですね~
PB279210.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
石造りの重厚感溢れる渡月橋

赤が眼に鮮やかな通天橋

この対象的な橋は お互いを想いやるように

その姿を 小石川後楽園の秋の色彩の中 その存在感を顕著に 醸し出しでいます

ここを 訪れたことのない方にも

語らずとも 御写真で 示されている構成の見事さに まず 驚きを隠せません

水面の落ち葉の風情は 秋の終わりを 暗示し 

去りゆく 秋を惜しむ心を 尚更騒がさずには いられません

最後のお写真 一瞬 建物の中に中庭があり そこに 秋の全盛期があるかと思う程でした 

今夜はこの一枚のお写真のみにても 秋の全ての 美しさ 儚さ 悲しさ

あますところなく 伝えられていて 感動しました

りらさん、こんばんは♪
渡月橋、今回の写真では遠くからなのでよく分かりません
が、これは土橋だそうです。
渡月橋と言えば京都ですが、六義園にもあって庭園では
かなり人気の名前のようですね!
赤が眼に鮮やかな通天橋、いつ見ても目立ちます!
地味と派手とで対象的な橋は 確かにお互いを想いやる
ように見えます~
小石川後楽園、景色の構成の他の庭園に類を見ない存在感
あるものがあり、東京での私のお気に入りNo.1庭園です~
水面の落ち葉の風情は どうしても心惹かれちゃう私なのです。
りらさんは、去りゆく秋を惜しむ心が騒がさずにはいられません
でしたか~
最後の写真 建物の中の中庭に見えましたか!?
ふふ、そう思っていただけたなら、うれしいな~
建物の中に紅葉を閉じ込めたイメージでの写真ですから!
秋の全ての美しさ、儚さ、悲しさを感じていただけたなんて
とても光栄ですよ♪
ありがとうございます!




恵さん、こんばんは~♪
恵さんも、小石川後楽園は行ったことありましたか!?
ここは、紅葉の時期と枝垂桜の時期が絶対お薦め!!
春と秋の光景が凝縮された世界を楽しめますよ~
ぜひ、来年は友達を誘って行ってみてください!
ここは、恵さんおお好きな巨木揃いですよ~
庭園ならではの、水面に浮かぶ落ち葉も楽しめますし!
私も、もっと情緒溢れるものを狙っているんですが
なかなか出会えないです...
8枚目に、特に惹かれましたか!!
それは、うれしいコメントです♪
私も結構気に入っています~
ありがとうございます!




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。