--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.14     カテゴリ:  E-30 

   小石川後楽園の紅葉 ラスト

写真はクリックで拡大してご覧くださいね!

小石川後楽園の紅葉撮影始めたときは、日差しがあったのですが、
あっという間に太陽は雲に覆われて...
日差しがないとちょっと寂しい感じもします。
このビルがあった場所には、私の出身高校がありましたが、
今はもう~


小石川後楽園でもっとも奥になる、内庭にある池です。
わずかに残った青空と東京ドームが!
PB279405.jpg

青空を悠々と泳ぐ鯉たちが!
PB279408.jpg

やはり、裏側から見る紅葉は表情ががらっと変わります。
PB279425.jpg
地味ではありますが、藤棚の紅葉も趣があります~
PB279470.jpg

ここで一番優雅な橋である円月橋です。
水面に橋が映ると満月に見えるように作られたもの。
いまもなお美しい姿ですね~
PB279475.jpg

この小道は、きっとここが出来た江戸時代のままでないか?
そう思わせる雰囲気がある...
周りに人がいなければ、江戸時代にタイムスリップした
気分になります!!
PB279497.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
橋には それが どんなものであれ 心 魅かれずにはいられません

渓谷に架かる 吊り橋  SLが走る 鉄橋

そして 今回 アップされた 名園での橋の存在感

円月橋は 私の最も好きな 庭園の中の橋の一つです

石積みの重厚さ

何より 欄干に当たる 部分の 細工の見事さ

円形の橋の下を流れる 川の穏やかさ

そこに 浮かぶ 黄色い葉 

その葉は どこまで流れていくのでしょうか

どこまでも 続いていくかのような 錯覚さえ覚える

この橋の魅力ある 容姿

円月橋の特徴を 出すためには 全景での撮影が 一般的かと思われますが

あえて  中央左のスペースを 大きくして 撮影しています

そのため 円形の部分が 強調され 見る者に

鮮烈な 印象を残すことに 効果をあげています

「 構図がお上手ですね 」のコメントは出さないようにしてきました 

御写真歴の長い方にとって それは 至極 当然のことであり

かえって 失礼にあたると判断してのことです

それを 踏まえて なおかつ この御写真の構図は

とても 素晴らしいと お伝えせずにはいられません

確かな 技術に 裏付けられた 感性 感じずには いられませんでした

いつか 10年 いや 20年先でも

この御写真の感性と響き合う 感性が

私が 持つ日がきたら どれ程 幸せなことでしょう




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。