--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.12.22     カテゴリ:  E-30 

   昭和記念公園 静かな晩秋から初冬への光景

昭和記念公園も、12月に入るとすっかり冬の光景かというと
紅葉が残っていたりして、まだ秋の雰囲気も。
でも、すでに人は少なく静けさを取り戻した園内は秋とは秋
とは明らかに異なる。

道には、葉を落とした木の影が長く伸びる。
初冬を感じる光景だ!


日本庭園、まだ紅葉も残っていましたが冬の象徴である
松の雪釣りが。
PC040275.jpg

イイギリの赤い実が、青い空に映える!
秋の実ですが、クリスマスの赤も連想させるませんか?
PC040176.jpg

芝生の鮮やかな緑を覆うよう落ち葉たち、遅い紅葉の黄色が
美しい風景がそこに。
PB289812.jpg

まだ葉の残る巨木に西日が差込む!
黄金色に輝く姿は雄大だが、悲しげでもある。
PC040354.jpg

もう誰もいない運動広場のベンチと落ち葉に、午後の傾いた光が!
PC040335.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
恵さん、こんばんは~♪
ふふ、1枚目はやっぱり恵さんの好みでしたね!
そうじゃないかと思っていました~
雪吊りって、冬の象徴ですよね。
でも、ここでは実質的には意味ないのですよね...
今日も、行ってきたのですがまだ門松は飾ってなかった
ので、正月気分には早いですよ!
イイギリは、見たことないですか?
赤い実が、まるでぶどうの房のようになっているので、
面白いですよ!!
巨木は日差しで輝き、より一層貫禄を出していました。
最後のベンチ&木漏れ日のコラボ、ホッとしていただけ
て、よかった~!!
一枚目のお写真

木々の影が 幾何学模様になり この御写真の

主役は この影なのだと 感じずにはいられません

四枚目のお写真

緑の中の落ち葉と 地面の中の落ち葉

そのコントラストが まるで 秋と冬の間の季節が

あるかのような 錯覚を 覚える程です

最後の お写真

落ち葉の街に 西日が 射し 何本かの黒い道を 形作っています

それが やわらかな 色彩の中 魅惑的です

ベンチが 誰もいない 静けさと寂しさを 顕著に表しています  

優れた作品だと 感じます

りらさん、こんばんは
はい、一枚目の主役は、木々の影なのです。
冬の木の影って、枝がフラクタル、幾何学模様に
見えますよね!
四枚目の写真、晩秋というには緑が多いかなと
思いましたが、緑の中の落ち葉と、静かな風景に
心惹かれてアップせずにはいられなかった一枚です。
まるで、秋と冬の間の季節があるかのように感じて
いただけて、うれしいです!
最後の写真、ベンチファンに贈る一枚ですよ。
落葉の街に、影の道とは素敵な想像ですね。
誰もいない冬の静けさと寂しさ、わかっていただけ
て光栄です!!




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。