--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.13     カテゴリ:  E-30 

   四国旅行 金比羅宮編 旭社

金比羅宮、本宮にあと少しという場所に堂々を立つ、旭社です。
天保8年(1837)に建立された銅瓦葺の二層入母屋造の建物で、
全体に多くの美しい彫刻がみられます。
神仏分離以前の松尾寺の金堂で、金刀比羅宮最大の木造建築物
だそうです。
そのあまりの豪華さに江戸時代に参拝した森の石松は本堂と誤り、
ここへの参拝のみで帰ってしまったと伝えられています。

私にとっても、この旭社は本宮よりはるかに心惹かれる存在でした!
PC191386.jpg

この無垢の木と青銅色の屋根、私の好きな建築物のひとつです。


特に、この屋根の下に彫られた彫刻のスケールが凄かった!
PC191464.jpg

扉などにも、美しい彫刻。
でも、彩色などなくても、最高に荘厳で美しいと感じる。
PC191465.jpg
この巨大な建物を支える基礎も力強く美しい!!
PC191466.jpg

階段から見下ろす、旭社の内部の床。
静寂が支配する場所のようでもありました。
PC191460.jpg

見事な彫刻を、さらにアップで見てみましょう!
PC191381.jpg

後ろ髪を引かれる重いですが、本宮へ向けて石段を
登っていきましょう!!
PC191457.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
金比羅宮 旭社

目をみはると言う言葉は このためにあるかのような

今日のアップのお写真の数々

全体に多くの美しい彫刻がみられますが 

特に軒裏の巧な彫刻の美しさは 一際目を奪われずにはいられません

七枚目のお写真が それを顕著に現わされています

銅瓦葺の緑青色の屋根も鮮やかできれいです

先人の方々の匠のわざを 畏敬の思いで抱かずにはいられません

現代に活きる 匠のわざ その方達への感謝の念を

胸に刻まずにはいられない この光景の見事さ

それを 的確に表現出来ない 文章能力の拙さに

大学時代の 勉強の足りなさを痛感する程でした







Nobutakaさん、こんばんは~^^

本当に、彫刻の素晴らしい建築物ですね。。。
ここまで、細かく繊細な彫刻は、確かに残しておきたいって気持ち分かります~♪
私が撮ると、こんなに綺麗には撮れないんですけどね(><)
屋根の下の彫刻、一枚一枚板の境が分かるのに、それにもつなぎを綺麗に彫刻してあって・・・写真からでも凄い~と思うのに、実際に見たら鳥肌が立っちゃうかもです。。。
全てが、木造ですよね・・・本当に凄いとしか・・・
金比羅さん、テレビでは見た事あっても、こんなに素敵な写真をみたら、何時か訪れてみたくなりました^^

りらさん、おはようございます
金比羅宮の旭社、まさに目をみはると言う言葉が
ぴったりですね。
全体に多くの美しい彫刻があるこの建物は華やかさ
はありませんが、芸術的な美しさがありました。
軒裏の巧な彫刻の美しさには、私も驚き心奪われ
てしまいました。
銅瓦葺の緑青色の屋根、これも私の大好きな色合い
で古い寺院が好きな理由の一つでもあります。
本当に、先人びとの匠のわざは素晴らしく、感動
さえ覚えます。
この匠のわざ、絶やさないでほしいと願うばかり!
この光景の見事さを言葉で表現ですのは難しいです。
決して、りらさんの勉強が足りなかったわけでも、
文章能力が拙いわけでもありません。
一緒にこの芸術作品を楽しんでいただき、ありがとう
ございました。




恵さん、おはようございます~♪
私が心惹かれた気持ち、わかるでしょ!
このような建築物は、日本の建築美を感じますね。
私は、本宮よりこちらの撮影に時間を大分時間を
かけてしまいました~
だから、私の中では金比羅宮のピークはかも...
でも、続くの本宮も音のしみに!
コメント、ありがとうございます。




フローラ・AKIさん、おはようございます!
はい、旭社というのですよ!
そう、派手さはないのですが荘厳で重厚な雰囲気
の美しい建物です。
各所にみられる凝った彫刻は、どれも素晴らしく
全部とは行きませんでしたが、かなりの時間をかけて
撮影してしまいました!
フローラ・AKIさんも、いつまでも離れられませんか!?
そんな魅力がありますよね。
5枚目の構図、気に入っていただけて、うれしいです♪
この巨大な建物を支えている力強さ!
私の写真で伝りましたね~
コメント、ありがとうございます。




優さん、おはようございます!
はい、本当に彫刻が美しく素晴らしい建築でしたよ!
まさに、建物全体が細かく繊細な彫刻で覆われていた
全てが芸術作品、いつまでもこの姿を残していて
ほしいものです。
いえいえ、この巣晴らしが分かる方ならどなたでも、
このような写真は撮ることができますよ♪
屋根の下の彫刻、つなぎを綺麗に彫刻してあるの分かり
ましよね~本当に感動的で、夢中でシャッター切って
いました~
これこそ、日本の木造建築美といえる建物でした!!
金比羅さん、テレビでは本宮の方が取り上げられること
が多いのでしょうが、ここへ行かれたときは、ぜひ
この旭社を見てくださいね!
コメント、ありがとうございます。




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。