--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.01.30     カテゴリ:  E-30 

   四国旅行 愛媛県松山城編 その2

大天守は三重三階地下一階の層塔型天守で、黒船来航の
翌年落成した江戸時代最後の完全な城郭建築です。
また、「現存12天守」の中で、唯一、築城主として瓦には
葵の御紋が付されています。

大天守、小天守、隅櫓を廊下で互いに結び、武備に徹した
この天守建造物群は、わが国の代表的な連立式城郭と
いわれています。

安政元年(1854)に復興されたものが現在の天守です。


入り口には、最近はやりのゆるキャラ?が!
PC201964.jpg

大天守、小天守に囲まれた通路、ここを右に曲がると一の門です。
いい眺めです。
PC201860.jpg

二の門、三の門、そしてここが筋鉄門です。
櫓門で、天守玄関がある中庭を防衛する重要な門です。
三ノ門から侵入する敵の正面を射撃する構えとなっています
PC201873.jpg

門も江戸時代のものですから、その扉も風格があります。
PC201868.jpg

格子窓も、いいですね!
PC201877.jpg

大天守を側面から見上げます。
PC201881.jpg

大天守は、中が見学できます。
この急な階段を登っていきます。
PC201882.jpg

さすが、江戸時代の大天守ですから、内部も趣があります。
この木の床の光沢が歴史を感じさせてくれます。
PC201884.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Nobutakaさん、こんばんは~^^

1枚目の、お写真を見た時に思い出しました~(^^;
もしかして、天守閣の中がが何も無い感じで広くて
解放的な感じ?だったかな・・・みたいな
記念写真を撮った記憶が^^
でも、大天守、小天守に別れてたとかが思い出せなくて。

江戸時代からの門・・・立派ですね~
木造なのに、今でも残っていると言うのが素晴らしい事だな~と関心しちゃいます。。。

最後のお写真・・・大天守、ごちゃごちゃと展示品を置いているわけでなく、当時の姿を見れると言うのがいいですね。
たいてい建て替えたお城が多くて、内装が昔のままじゃない所が多いような?
でも、お城に行くたびに、昔はどんなだったんだろうとか見たかったな~とか思っちゃうんですよ・・・
いいですね、この大天守^^
ありがとうございます~♪少しだけ、思い出せたのが嬉しいです^^
恵さん、こんばんは~♪
お城って日本の建築の中で最も重厚でかつ優美な
建築物だと思います!
戦いのない今では、趣さえも感じますね~
いや~、写真をやってなくてもこの大天守までの
道のりや、大天守の内部はじっくり見て楽しみ
たくなると思いますよ!
あ~、撮る物はたくさんありましたし、とにかく
同じものをアングルを変えてたくさん撮って
しまいました...(苦笑)
お城にゆるキャラ、気になりますよね~!
中の階段は、昔のものなのでかなり急でしたよ。
お城ってどこも同じようですね。
そうなんです、お城にも青空が最高です!!




優さん、こんばんは~
1枚目の写真を見て、松山城に行ったときのこと
思い出せしましたか~!
はい、天守閣の最上階は何も無くて広かったです。
次回紹介しますよ!
記念写真、何処かに眠っていることでしょう~
大天守、小天守は言われなきゃ分からないですね。
江戸時代からの門も立派で、雰囲気があるでしょ!
さすが、戦いに耐えるために作られたものですから
今でもしっかり残っているのでしょう。
最後の大天守、展示品を置いている場所もありましたが
結構当時の姿のままって感じでしたよ~
内装が昔のままじゃない所、多いですね。
松山城って結構有名なので、もっと観光化された感じ
かと思っていましたが、とても良かったです!
うれしいコメント、ありがとうございます♪

私は ご存じのように 建築物が趣味です

お城は 非常に 興味があります

そのお城 お城に よって 歴史が違い

その お城の 歴史が物語る 様子が

外観 内部に 現われているようにさえ感じます

この松山城 正岡子規の俳句 

「 松山や 秋より高き 天主閣 」でも名高く

丸に三つ葉葵の瓦紋で知られる 天守閣を

初め 魅力溢れる お城好きには 堪らないお城です

それを 見事に切り取っているお写真ばかりです

丁寧な説明も 良いと思いました

四国撮影の旅の 大舞台 見事に 歌舞伎のように

お写真で 見得を演じることが出来ましたね

とても 素敵な 見得でしたよ

「 Nobutaka屋 」 の掛け声かけたいくらいです
りらさん、こんばんは
そうですね、りらさんは建築物を楽しむのが趣味
でしたよね!
だから、この松山城は興味を持っていただけると
思っていましたよ。
お城には、戦いの歴史がつき物ですが、美しい
姿はそれを感じさせない魅力があります。
正岡子規の俳句、説明に入れようかなと思って
いたのですが忘れていました。 
さすが、りらさんですね!
丸に三つ葉葵の瓦紋もご存知なのですか!
お城を見事に切り取っているとのコメント、
うれしいですよ。
次回は、また違ったアングルで楽しんでいただ
けると思います!
そして、「Nobutaka屋!」の掛け声まで、
ありがとうございます!!






プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。