--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.06.26     カテゴリ:  E-30 

   薔薇の渦は

薔薇マクロでは、やはり薔薇の渦巻く花芯です。

ハニーな色香


オレンジグラデーション
P5201925.jpg

透き通るようなホワイト
P5201993.jpg
淡いピンクに
P5202045.jpg

ハートな渦
P5201913.jpg

パワー感じる
P5201918.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

六枚のお写真 全てマクロレンズでの撮影です

しかし それぞれの花に よって アングルは 勿論のこと

露出の設定等も 変えて 花弁の光の差す方向も

詳細に 見て 撮影されているのが よく 理解出来ます

同じ色の薔薇は もとよりありようもありませんよね

一枚目と三枚目は 一見似ているようで

色彩も 花弁の形も まるで 違います

マクロレンズでの 撮影写真は どれも同じように

見えやすく 撮影時の工夫が 必要です

特に 花芯の形のよい 花を探されるのは 

お時間を要したことでしょう

五枚目のお写真の黄色の薔薇の中の

花芯の 巻き方の個性を 発見された時は

心ときめかれたことでしょう

接近しての 撮影は 身体も疲れます

お疲れ様でした  

りらさん、こんばんは
薔薇の撮影にマクロレンズは、欠かせません。
やはり、薔薇の魅力はこの渦のような花びらの巻きですから。
花の品種で異なるのは勿論のこと、見る角度によっても渦の
表情は大きく変わります。
さらに、ピントの合わせる位置でも、光の強さでも。
だから、撮影するのが楽しく工夫し甲斐がありますね。
一枚目と三枚目は 仰るように似てはいますが色彩も花弁の
形も違うことが花好きにはすぐに分かるでしょう。
マクロレンズでの撮影写真は、まずはアップに耐えられる
きれいな花であること、そして光が強すぎないことが大切。
この日は、日差しは少し柔らかめではありましたが、
直射日光が当たるものは、帽子のつばで影を作って撮影
しました。
五枚目の写真のような巻きからは、探すと結構見つかる
のが大きな薔薇園の魅力です。
丁寧なコメント、ありがとうございます。




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。