--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.03     カテゴリ:  E-30 

   鎌倉のあじさい 明月院

毎年恒例になっている、あじさい咲く鎌倉散策に。

朝、9時半に到着しましたが人気の明月院はすでに人が多く
何とか人の少ないタイミングで、定番のあじさい咲く参道。


竹林と紫陽花のコラボ、意外といいものです。
kamakura1-2.jpg

苔の上に落ちた紫陽花の花。
kamakura1-3.jpg
境内は、朝とは言え人が多く、どんどん混雑してきて、
撮影も落ち着かない...
静かな脇道が落ち着く。
kamakura1-4.jpg

こちらは、定番の花想い地蔵。
kamakura1-5.jpg

明月院といえば、丸窓なのですが....
今まで人が入れなかった部屋に、お金を払って入れる
ようになっていて、まったくもって撮影にならない。
もう、ここもダメかなと悲しくなった。
kamakura1-6.jpg

モミジの緑がとても美しい。
kamakura1-7.jpg

姫あじさいをアップで。
kamakura1-8.jpg

明月院に向かう道路わきの小川にかかる小さな石橋。
苔の緑が美しい。
kamakura1-9.jpg








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 鎌倉の紫陽花  明月院はあまりにも 有名です

     竹林 花想い地蔵 丸窓

   坂道の階段の両脇に 咲く紫陽花

   観光ガイドに ある有名スポット

 鎌倉から 遠く離れた人達には 名高い明月院の様子が

  多くの観光客の賑わいと共に その様子が伝わる

      今回のアップですね

  観光案内になりがちな 場所の撮影は難しいです

 それが 三枚目と最後のお写真が インパクトを与えています

  三枚目のお写真 斜めアングルで 切り取った

   苔のある 場所が インパクトがあります

  その上の 三枚の 花弁は 他の定番のお写真の

  豪華な 紫陽花よりも 個性を発揮してます

  最後の橋は なにげない 橋に 目を向けられ

 被写体として 選ばれたことは 明月院のあまりにも

 多い 賑わいを 見た後に 何故か 安堵感を与えます

  今は 流れの殆どない 川 名も無いような橋

  でも 苔は その風情は 有名な明月院より

      私には 印象的でした
りらさん、こんばんは
鎌倉の紫陽花といえば明月院、あじさい寺とも
言われあまりにも有名ですね
ここは、紫陽花の季節に限らずに、竹林、花想い
地蔵、丸窓など、とても魅力的な場所です。
坂道の階段の両脇に咲く紫陽花は、西洋紫陽花
のようですが、姫あじさいという日本の紫陽花
であると思うと一層心惹かれます。
多くの観光客の賑わい、ちょっと行きすぎで
今回は撮影意欲もそがれました...
そんな中、人気の少ない場所で見つけた、三枚目
苔の上に落ちた花びらは、ホッとしました。
他の定番の写真の豪華な紫陽花よりも個性を発揮
しているとのコメント、うれしいです。
最後の橋はなにげない橋ですが、この苔むした
姿を見て、これは撮影しなくてはと思いました。
何故か安堵感を与えてくれる、まさにそんな光景
でしたよ。
コメント、ありがとうございます。
カギコメさん、こんばんは
コメント、ありがとうございます。




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。