--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.04     カテゴリ:  E-30 

   西武 ゆり園 その1

梅雨の季節、紫陽花と花菖蒲を撮っているとちょっと飽きて
来るのですが、そんな時期にゆりの花が咲きます。

ここ西武ゆり園は、西武ドームのすぐ隣の丘陵地帯の斜面を
利用したゆり園です。
4色のスカシユリが圧巻の光景ですが、今年は開花も遅れて、
一斉に咲かなかったため花数が寂しいです...


少ない花も、ズームで切り取れば花が咲き乱れる光景に。
P6255012.jpg

こちらは、白いユリの咲く谷です。
こちらは、ほぼ咲きそろった状態で見応えありました。
P6254991.jpg

一枚目の斜面を横から見た光景です。
キレイに並んだユリが点々と。
P6254955.jpg

一瞬わずかに見えた青空とユリの斜面。
P6255019.jpg

黄色い世界。
P6254967.jpg

真っ白な光景。
P6255018.jpg

凛と咲く。
P6255005.jpg









トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
六枚目のお写真

縦写真の 下部に黄色の 百合を捉えて

上方 三分の二のスペースを 背景ぼけにしています

その構図の配分が 同じ色の百合の群生を

背景ぼけとしての 撮影 センスを感じます

玉ぼけが 無数に出来 光の恵みが あったようですね

主役と同じ色の 多くの 玉ぼけ とても 上品です

七枚目のお写真

白の百合 やはり 背景は 同じ白の百合です

白い花を主役に白の背景は とても難しいことでしょう

白飛びを 抑えての撮影 お疲れ様でした

下方の茎の 前ぼけが 繊細に造ってあって

最近の お写真の特徴であるかと思われる

前ぼけの 撮影時の 工夫のあとが よく理解出来ます

最後の お写真

このお写真は 特に 個性を発揮しています

蜘蛛の巣がはっています

それが この花の色と同じくらい 素敵です

蜘蛛の巣を 取り払って 撮影する方も多いかと思います

あえて 蜘蛛の巣を 取り入れたことにより

この お写真を さらに 上質なものに仕上げています

背景の葉の緑と その後方の 花のぼけも綺麗です 

印象に 残るお写真です

りらさん、こんばんは
六枚目の黄色いユリで統一した写真気に入って
いただけたようですね。
縦写真、上方の三分の二を背景ボケにした構図
まで理解していただき光栄です。
黄色と緑の作る世界もいいものですよね。
玉ボケは、欲を言えばもう少し透明感のある色
になればよかったのですが、光の加減でここまで
となりました。
七枚目の白いユリたちは、前後の白いボケを入れて
キレイに撮れる花を探すのに苦労しました。
白い花は痛みも目立ちますから。
白飛びを抑えるために、露出は抑え目でレタッチで
トーンを調整しました。
前ボケは苦手でしたが、頑張って克服しようとして
いますので、嬉しいコメントです。
最後の一枚、個性を感じていただき光栄です。
蜘蛛の巣がはっているのは、撮影の後に気がついた
のですが、それがよいと言っていただけて、
よかったです。
背景の葉の緑と後方の花のボケ、きれいなトーンに
仕上げることができましたので、とてもうれしい
コメントです。
ありがとうございます。




プロフィール

Nobutaka

Author:Nobutaka
使用カメラ OLYMPUS E-30
              E-300
      MINOLTA  DiMAGE A1
     Panasonic  FX-35

ホームグランド 昭和記念公園
 

FC2カウンター


ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。